2.診断 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)

私の病歴と仕事復帰

診断(特発性血小板減少性紫斑病:通称 ITP)

始まり

何度か体調を崩しては、回復してを繰り返していました。

体調がよくなり始めた頃、仕事も徐々に忙しくなり、残業はもちろん、休日出勤も当たり前のようにこなすようになっていました。

春も終わり、5月になると、3度目の異変が始まりました。

歯磨きをすると歯ぐきから出血、う~ん、歯周病(歯槽膿漏)か~(泣)

お風呂に入ると、肩にあざみたいな紫斑があちこちできていました。

ぶつけた思いはないけどな~??

金曜日の夜、両腕のあちこちに何か、赤い紫斑がいっぱいできていました(汗)。

なにかアレルギーかな?

虫刺されかな?

なにかやばい予感!?(怖)。

受診

なにか嫌な予感がしました。

湿疹みたいのが、体中に出ていたのです。

早速、仕事が休みの土曜日、近くの皮膚科へ受診しました。

先生)診断は皮膚の病気じゃないね、う~ん、採血しましょう・・・。

先生)結果は、1週間後に採血結果が出ますので、1週間後に来てくださいといわれ、

その日は何事もなく帰宅しました。

次の日、朝から体が重く、体温を測ると37度の熱が出てきました。

起き上がるのが、つらかったため、沈むように寝て1日を過ごしました。

予感

月曜日、朝5時に目が覚めました。いつも、出勤は6時に家を出ます。

体が重い、熱は依然37.2度ありました。

今日は、会社は休もう、そう思い、そのまま寝てしまいました。

電話が鳴る音で、”ビクッ” と目が覚め、会社からか!!

飛び起き電話に出ると、先日受診した、皮膚科の先生からの電話、時間は8時でした。

採血結果が出ました、詳細をお話ししたいので、絶対に会社に行かず、すぐ来てくださいと告げられました。

普通、受診した先生から電話ある? ないよね?

ただ事ではない・・・(怖)。

重い体に鞭を振り、すぐに病院に行きました。

受診、すぐに採血・・・しばらく待ちます・・・呼ばれます・・・。

血小板 0.4 万/μl でかなり危険な状態ですので、大きな総合病院へ紹介状書きますので、必ずこのまま行ってくださいと言われました。

連絡はしてあります。

熱もありぼーっと、しながら、総合病院へ行きました。

はじめての入院

総合病院へ到着、受付へ行き招待状を提出しました。

まきばさん、内容は聞いていますので、車いすで案内しますと言われました。

いえいえ、歩けますのでと受付の方に伝えると、かなり危ない状態ですので、

『車いす』でお願いします。

はい、わかりました(恥)。

そのまま、血液内科へ行き受診、採血して30分ほど待ちました・・・。

診察室に呼ばれました。

先生)入院です

私)いったん、家に帰って荷物とってきていいですか?

先生)だめです、もう帰れませんよ・・・。

私)え、・・・・。(状況が分かっていない自分)

今まで、入院したこともなく、すぐ帰れると思って

発熱もあり、体も重くフラフラ、とにかく横になって眠りに入りたい~(本音)

ちょっと、検査がありますので少し痛いですけど我慢してくださいね・・・。

検査

骨髄検査

初めての体験『骨髄検査』

痛いですので動かないでください・・・(泣)。

予想以上の痛みがありました。

生命力が吸い取られるような感覚と痛みでした。

次に追加の採血します(追加採血4回目)。

先生からの説明

今のところ、まだ原因がわかりません、10項目の病名から消去方法で探ります。

とりあえず、白血病ではないです。

後は採血結果が出てからです、今日は安静にしてください、病室から出ないようにしてください・・・。血小板が少なすぎるので、すぐに治療を始めます。ステロイド点滴を入れます。

当日は、これまでで翌日へ持ち越しになりました。

とりあえず、これで寝れるかな。少し、休もう・・・。

しかし、白血病なんて、すらりと言って、すらりと流されましたが、そんなもの?

診断(特発性血小板減少性紫斑病:ITP)

診断

朝、目が覚めると病院のベットの上です。

普段なら仕事に行く時間です。

外を眺めていると、電車が遠くに見えました。

いつもなら、あの電車に乗って通勤していると思うと、複雑な気分です・・・。

 

朝食をとり、しばらくすると先生の巡回があり、先生がカーテンをゆっくりと開けました。

先生)おはようございます、寝れましたか?

私)はい、目が覚めたら病院のベットの上でした。

採血結果の説明がされました。

  • 発熱の原因は、何かの感染症です。
  • 血小板が低すぎます

そして、先生から病名が告げられました。

『突発性血小板減少性紫斑病(通称:ITP)』です。

指定難病になります・・・。

入院期間は、治療してみないとわかりません、半年は覚悟してくださいとのこと(泣)。

いったい、何が起きたのか・・・。

何が原因? 何が原因? 何が原因? ・・・・・

この事ばかり頭を何度も、何度もめぐりました。

治療の始まり

ステロイドでの治療から入ります。

最大量での投与(体重=ステロイド量)

まずは、早急に 血小板 0.4 万/μlを、増やさないといけません。

血小板は、通常 13.8-30.9 万/μl ですが、0.4 万/μlは、非常に危険な状態です。

どこか、頭などぶつけると、出血を抑えることができなく、そのまま、なくなってしまいます。

病室からの外出は禁止です・・・。

そして、3日過ぎました。

採血結果は・・・。

先生)血小板 0.6 万/μl ステロイド療法効きませんね。

私)?? どうなるのですか??

先生)明日の採血結果を見て、次の治療法を始めましょう。

私)どうなる?どうなるの?

4日目、血小板 2.5 万/μl 回復の兆しが見えてきました、

このままステロイド療法を続けましょう。

効果が遅かったですが、なんとか効果があらわれてきました・・・。

そして、4ケ月の治療が続きました。

 

3.診断 自己免疫性溶血性貧血 通称 AIHA

コメント

タイトルとURLをコピーしました