Amazonセール開催中!

入院中のいびきがうるさい対策に、イヤホンのノイズキャンセルイヤホンは睡眠対策に使う!

入院生活

普段使いのノイズキャンセルイヤホンを、入院中のいびき対策に使う

ノイズキャンセリングイヤホンは、通勤・通学・旅行など

電車や飛行機の騒音や、

入院中に気になるいびきを無くしてくれる画期的なアイテムです。

 

ノイズキャンセリングは、周囲の騒音を聴こえなくして

騒音をなくすことができ、いびき対策になります。

 

購入するにも、高価な買い物で、失敗したくない気持ちがあります。

そこで、失敗しないように、自分に合ったものを選びやすいように、

おすすめイヤホンを紹介します。

 

最新のノイズキャンセリングイヤホンの記事

2021年最新予算別おすすめワイヤレスイヤホンはこちら

 

ノイズキャンセルイヤホンは、通勤の騒音、入院のいびき対策に最高!

通勤、通学、通院の待ち時間など、周囲の騒音が気になります。

 

通勤・通学の電車の時間は、人ごみの中でストレスが溜まります。

その時間を、自分の世界に没頭できれば、

その時間は、とても快適に過ごすことが出来ます。

 

入院すると、ほとんどの方は、大部屋で入院することと思います。

医療機器の”ピッピッピッ”という動作音、警告音。

夜になると、いびき、歯ぎしりと、我慢が出来ないです。

毎日が寝れない日が続くと体調不良を起こし、ストレスが溜まります。

こういった、苦痛の時間を快適に過ごす方法は、騒音をなくすことです。

 

周囲の音を完全に聞こえなくするには、ノイズキャンセリングヘッドホン!

周囲の環境音は、どのような音がありますか?

  1. 電車の音(カタンゴトン)
  2. 騒音(周囲の音)
  3. しゃべり声

このような、環境音がいたるところに存在します。

 

周囲の環境音を聴こえなくする、ノイズキャンセリングヘッドホンは、

耳にはめると、周囲の環境音がなくなり、静かな空間が広がります。

ノイズキャンセリングの効果です

 

注意する点もあります。

注意点:独特の周波数が聞こえます

 

ノイズキャンセリングヘッドホンは、装着した時、

独特の周波数が聞こえ、これが、合わない方も見えますので

注意が必要です。

 

購入前に家電量販店で実際に装着して、問題ないか確認すると安心です。

 

普段使いは、イヤホン、ヘッドホンのどちら?

通勤、通学、外出先、受診の待ち時間など、音楽やYouTubeを

聴いて過ごすことがあります。

 

皆さんは、どちらを使っていますか?
・イヤホン
・ヘッドホン

 

イヤホン、ヘッドホンの2種類どちらを選択する?

イヤホンは耳にはめて聴きます。

ヘッドホンは耳を覆う形で聴きます。

それぞれ特徴があり、どちらが自分に合っているでしょうか?

 

イヤホンの特徴

イヤホンは、コンパクトですので、かばんの中に入れて

持ち運びの手軽さが魅力です。

最近のイヤホンは、機能が多く、音質も良く高音質で楽しめます。

さらに、ノイズキャンセリング機能も付いています。

 

イヤホンには、2種類あります。
  1. 耳にフィットするカナル型イヤホン
  2. 耳の穴にかぶせるインナーイヤー型イヤホン

 

耳にフィットするカナル型イヤホン

 

<特徴>

ノイズキャンセリング重視ならカナル型の方が、

耳にフィットして密着感があるため、

ノイズキャンセリング効果が高くおすすめです。

 

カナル型のイヤホンは、耳の中に入れるようにして装着するため、

イヤホンが耳から外れにくく、密閉性が高いので音漏れも少ないです。

それ以外にも、細かい音を聞き取りやすく、ボーカル、低音から高音まで、

聴き取りやすいが特徴があります。

 

インナーイヤー型イヤホン

 

<特徴>

インナーイヤー型イヤホンは、

カナル型イヤホン特有の密着感が苦手な方におすすめです。

 

インナーイヤー型は、音の広がりを感じやすく、

会話、外音が入ってきやすいため、

周囲の音も聞きたい方に向いています。

 

ヘッドホンの特徴

ヘッドホンは、耳を完全に覆うため、遮音効果は抜群です。

しかし、持ち運ぶには、サイズが大きくなるので、

専用ケースにいれて持ち運びますが、

すこし大きいカバンが必要になります。

通勤や通学時には使いにくい印象がります。

 

ヘッドホンには、2種類あります。

  1. 密閉型ヘッドホン
  2. 開放型ヘッドホン

耳をすっぽりと覆う密閉型ヘッドホンと、

耳に乗せるイメージの開放型ヘッドホンの2種類あります。

 

密閉型ヘッドホン

密閉型は、耳を完全に覆うため、音漏れが少なく、装着感が良く

つかれないのが特徴です。

 

開放型ヘッドホン

開放型は、耳に当てて使用するため、

ヘッドホンの中では、コンパクトになりますが、

イヤホンと同じく周囲の音を拾いやすくなります。

 

自分に合ったヘッドホンを選ぶ

自分の使う用途、何を重視するかで選択します。

完全に環境音を遮断したい方は、密閉型ヘッドホンを選択します。

耳が密閉されるため、周囲の音が聞こえなくなり、

ヘッドホンを装着した瞬間に静音に包まれ、自分の世界に没入できます。

どこにいても、自分の世界に入り込めます。

周囲の環境音、騒音の遮音性を重視する人、

没入感を楽しみたいという方におすすめです。

 

入院のいびき対策につかう!

ノイズキャンセリング イヤホン&ヘッドホンは、

価格も高いですが、使い方を選べば、付加価値の方が大きく

満足できます。

 

実際、私の経験ですが、

初めての入院の時は大部屋で、そこで考えもつかなかった

大変な経験をしました。

 

夜寝る時、いびきをする人、歯ぎしりをする人は必ずいます。

そして、医療機器の音、『ピッピッピッ』『ピロロッピロロッ』の

耳障りな音が無数にあり、ず~と聞いていると、

頭の中に音がぐるぐる巡り、寝付くことができません。

かなりのストレスになります。

 

この騒音は、理性を失うほどつらかったです。

ノイズキャンセリングヘッドホンがあればと、心から思った瞬間でした。

 

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ

ノイズキャンセリング機能付き イヤホンの効果を試してみました。

SONY ノイズキャンセリングイヤホン

迷ったらコレ!

SONYのイヤホンは、原音をそのまま再現されています。

音の解像度が高く、高音域まで透き通った、音を楽しむことができます。

ギターやベースの楽器の音がよく聞こえ、

ヴォーカルは、すぐそばで歌ってくれているかのように聴こえてきます。

 

見た目も高級感があり、デザインも良く、どのシーンにもマッチして、

人気があります。

 

SONY イヤホンのおすすめ
Sony WF-1000XM3
Sony WF-1000XM4

 

SONY WF-1000XM3

 

 

2019年に販売されて2年経過しても、根強く人気があるモデルです。

当時、最上級モデルで現在では、WF-1000XM4が発売されていますが、

1つ前のモデルで、価格が2万円を切っています。

今でも、最上位の音質、ノイズキャンセリング機能は健在で、

1万円台クラスのワイヤレスイヤホンを考えている人に、

絶対おすすめします。

 

高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e搭載しており、

省電力で高性能なノイズキャンセリングで、

さまざまな環境においても騒音を気にせず、静寂につつまれ

SONY独自の高音質に浸ることができます。

 

DSEE HX搭載で、ハイレゾ級の高音質

DSEE HX搭載で、ハイレゾ級の高音質が楽しめます。

CDやMP3などの圧縮音源の高音域をアップスケーリングし、

ハイレゾ級の高音質を楽しめのが特徴です。

 

 

 

 

SONY WF-1000XM4

 

最高クラスのノイズキャンセリング性能

WF-1000XM4は、広い帯域で耳に届くノイズ効果で騒音をなくします。

通勤、通学の騒音環境や、人ごみの中で声が多い環境でも、

静寂を感じられます。

ノイズキャンセリングの効果を極限まで求めている方は、

こちらをおすすめします。

 

DSEE Extreme搭載でハイレゾ音質

LDAC対応でハイレゾ音質が楽しめます。

DSEE Extreme搭載で、AndroidでもiPhoneでも

CD、MP3の音楽再生、動画のストリーミング再生でも、

さまざまな圧縮音源で、ハイレゾ級の高音質で楽しめます。

 

 

 

Air Pods Pro

 

 

iPhone ユーザーの方は、

ノイズキャンセリングイヤホン『 Air Pods Pro 』 が人気です。

Air Pods Proは、iPhone の相性が良く、連携機能が優れており、

イヤホンケースを開けると、自動でiPhone と接続され、

すぐに使えて、とても便利で人気があります。

 

iPhoneユーザーであれば、機能連携、音質ともに最高のイヤホンです。

音質は、フラットの印象でどのジャンルの音楽にも合います。

 

カナル型で遮音性が高く、没入感あるサウンドを楽しめます。

音楽を流し始めると、周囲の音が消えて静かな環境になります。

音楽の音色が良く聴こえ、周囲の騒音は、ほとんど聞き取れないまでに

抑えてくれます。

 

 

 

Bose QuietComfort Earbuds

 

 

さすが、BOSEのと言わせます。

しっかりしたキレのある、BOSE特有の透き通った重低音、

中低音から高音域までしっかりとした音質で、ボーカルが気持ち良いい

声を奏でます。

 

BOSEは、世界で初めて一般向けのヘッドホンに

ノイズキャンセリング技術を搭載しました。

その技術が生きている、

特許のアクティブ・パッシブのノイズキャンセリング技術で、

ノイズキャンセリングの性能がダントツの高さで注目されています。

 

いびき、騒音を完全になくしたい方は、

『Bose QuietComfort Earbuds』をおすすめします。

 

アプリを使って11段階で調整できる、ノイズキャンセリング機能、

外音取り込み機能は、圧迫感や違和感もなく、

自然に周囲の音が聞こえます。

 

BOSEは、厚みのある低音域が響くパワフルなサウンドが特徴で

音量を下げても音のバランスが崩れません。

長時間聞いていても、耳が疲れないBOSEの音質です。

1日の使用時間が長い方に、特におすすめです。

 

 

 

Anker Soundcore Liberty Air 2

 

Ankerのイヤホンは、低価格が特徴でコスパが良いのが特徴です。

原音が気持ちよく聞こえて、重低音がよく響きます。

パワフルな重低音、中音域がよく聴こえ、リズム感がある音楽が得意

です。

バランスの良い音質で、定価価格で、コスパが非常に良く、

人気があります。

 

 

 

【ヘッドホン】おすすめ

 

私のおすすめは、遮音効果が絶大で騒音対策が完璧な

ノイズキャンセリング ヘッドホンです。

ヘッドホンは、耳を全体的に覆うため、周囲の音を完全に

シャットアウトします。

 

BOSE ( QuietComfort 35 wireless headphones II)

 

Boseのヘッドホンは、耳に当たる部分は、柔らかい本皮でできおり、

とても柔らかく、フィット感がとても良いです。

長時間使っていても、耳が痛くならないです。

 

音質は、BOSE特有のしっかりした、締りがあり迫力ある重低音、

ボーカルは透き通った、自然な声が届きます。

一番の特徴は、長時間、聞いていてもつかれない音質に、

チューニングされていて、一日つけていても疲れません。

 

迷ったらコレ、Bose QuietComfort 35 と言っても良いです。

 

 

 

SONYヘッドホン WH-1000XM4

 

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4

柔らかく耳に当たる感じがしっかりして、フィット感が良いです。

音質は、SONYの高音質で、ボーカルの声が自然で、透き通る音、

高音域~低音域まで、細部に渡りきめ細やかな音源が聞こえてきます。

 

SONYの最高級ヘッドホンで、SONY好きにはコレ一択です。

 

360立体音響 Reality Audioに対応、ぜひ体感をおすすめします。

Sonyのヘッドホンで360立体音響 Reality Audio体感

 

 

 

 

Beats Solo Pro Wireless

 

Beats Solo Pro Wireless ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン

おしゃれでかわいいヘッドホンです。

耳に当たる部分は、ぴにぷに感でフィット感が良いです。

 

「外部音取り込みモード」 は周囲の音を取り込む機能で、

ヘッドホンをつけた状態でも周囲の音を聴くことができます。

低音よりも高音域がよく出る感じです。アップテンポな曲と相性が良いヘッドホンです。

 

 

 

オーディオテクニカ SoundReality

 

audio-technica SoundReality

ノイズキャンセリングが苦手の方におすすめです。

ノイズキャンセリング機能は弱めで、

ノイズキャンセリング特有の音はかなり控えめになっています。

 

電車内の騒音や部屋のエアコンの音などの雑音は軽減できます。

中音域と高音域が得意で、バランスの取れた音質になっています。

 

 

JVC、パナソニック

ここは、個人差があります。低音の切れが欲しい人。高音域が広く、低音が少し抑えられるなど

個性がある音質ですので、実際に聞き比べが必要です。

 

コスパ重視のワイヤレス ノイズキャンセリング ヘッドホン

 

Anker Soundcore Life Q30

機能全部入りの、コスパ最強のヘッドホン

『Anker Soundcore Life Q30』です。

 

機能

・ハイブリッドウルトラノイズキャンセリング
・外音取り込みモード搭載
・ハンズフリー通話
・マルチポイント対応(2台の機器を同時接続)
・NFCペアリング
・有線接続時にハイレゾオーディオに対応

 

価格は、8千円台で購入でき、重低音が強く、良く響く音質で、

リズムがある音楽をよく聴く人におすすめします。

コスパ最強のヘッドホンです。

 

【ノイズキャンセリングなし】イヤホンおすすめ

ノイズキャンセリングイヤホンは、装着した時、

独特の周波数が聞こえます。

それが気になる方へおすすめイヤホン

ノイズキャンセリング機能のないおすすめイヤホンです。

 

気密性が高く、耳栓 変わりにも使え、

高音質に使えるイヤホンを紹介します。

 

ノイズキャンセリング機能が付いていない場合、

比較的低価格で購入できます。

 

おすすめランキング順に紹介します。

SONY ワイヤレスイヤホン WF-C500

2021年9月29日に発売した最新モデル、SONY WF-C500です。

ノイズキャンセリング機能はありませんが、

価格は、1万円で購入でき、

コストパフォーマンスに優れたイヤホンです。

 

Sony WF-1000XM3を受け継いだ、WF-C500

DSEEアップスケーリング機能が搭載され、

CD音質相当まで復元する機能が備わっています。

 

360RealityAudioに対応しており、立体音響が楽しめます。

 

特徴【WF-C500】

カジュアルなデザイン、色の種類が特徴的です。

持ち運びもコンパクトで軽量となっていて、

イヤホン本体も軽量化されています。

 

女性や耳の小さな方でも快適に装着できます。

耳からの出っ張りを抑えることで装着感を高め、

長時間のリスニングでも疲れにくく、快適性が向上しています。

 

音質は、好評なSony WF-1000XM3をベースになっており

ソニーの独自開発技術「DSEE」により、

圧縮された音源で失われがちな高音域を

CD音質相当までアップスケーリングして音楽が聴けます。

 

高音から低音までバランスが良く、ボーカルや楽器が自然でクリアな音を

奏でて、広がりのあるいい音で再生します。

 

 

 

SONY ワイヤレスイヤホン WF-H800

 

ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-H800

 

Sony WF-H800は、ノイズキャンセリングなしのおすすめイヤホンです。

駆動時間も長く、本体8時間+充電側補充8時間で計16時間使用できます。

カラーのバリエーションも多く、デザイン性も良いです。

 

ノイズキャンセリングなくても、耳への装着感が良く

多少の騒音に対しても、周囲の騒音は抑えられ、

音楽を楽しむことが出来ます。

 

 

 

おすすめは、SONY & BOSE

 

SONY(WH-1000XM4)

 

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4

LDAC/Amazon Alexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生

 

少し耳に当たる感じが固めでしかりした感じがあります、

また、フィット感がよく耳が痛くなりにくいです。

 

進化した高音質設計~DSEE Extreme~AIによる、

深層学習を施したDSEE Extremeがリアルタイムで音楽を解析、

最適な音で、音楽を聴くことが出来ます。

 

ボーカルの声が自然できれいな音質、高音域~低音域まで、

全域にわたって高音質です。

 

 

 

私が愛用している、BOSEのヘッドホンの感想

Bose QuietComfort 35 を愛用して、3年が経ちます。

購入時は、ソニー のヘッドホン WH-1000XM4と

最後まで迷いましたが、購入の一番の決め手となったのは、

耳にあたる柔らかい感じが好きで、

フィット感がよくBOSEに決めました。

 

フィット感がよく、耳に当たった感じが柔らかく、

装着していても自然で、1日8時間使い続けていても

疲れが感じません。

 

耳をすっぽりと覆うため密閉型があり、

柔らかい感触でつけている感じがないのが特徴です。

 

遮音性は抜群に良く、周囲の会話までも聞こえなくなります。

遮音性はスマホのアプリで、『強・弱』が選択でき、弱であれば、

つけていても会話ができるようになります。

 

映画は、迫力ある音がながれ映画館にいるような感覚になります。

音楽は、コンサート会場、ライブ会場にいる様で、

没入感を感じられます。

 

入院の時にも大活躍

私がお世話になった、ノイズキャンセリング ヘッドホンの紹介です。

2回目の入院の時、BOSE ( QuietComfort 35 wireless headphones)

を購入して、入院生活に入りました。

 

有線、ワイヤレス両方に対応しています。

ヘッドホンのノイズキャンセリング機能付きですので、

完全に耳をおおうため、遮音性に優れ、ヘッドホンを装着すると

周囲の音が消えて、自分の世界に入ることが出来ます。

有線にもなるため、TVにも接続することが出来ます。

 

夜になると、ノイズキャンセリングヘッドホンが威力を発揮します。

周囲がいびき、歯ぎしりに襲われても、その音に悩まされることがなく

好きな音楽を聴きながら夜を過ごすことができ、

快適に過ごせるようになりました。

 

時代の進歩のすごさに驚かされます。

もちろん、普段使いもできますので、いつも使っています。

いびきや騒音に困っている方に、おすすめです。


最新のワイヤレスイヤホンの記事はこちらから。

2021年最新予算別おすすめワイヤレスイヤホンはこちら

 

 

 

普段のヘッドホンで360立体音響を体感する方法

 

もどる(入院生活&必要な物)

 

🔶探してみる🔶

タイトルとURLをコピーしました