入院イヤホン、2021年最新入院ワイヤレスイヤホンのおすすめ

入院生活

入院に最適なワイヤレスの予算別おすすめイヤホン!

2021年最新ワイヤレスイヤホン

イヤホンは多くのブランドから、

多くの種類のワイヤレスイヤホンが発売されています。

最近のイヤホンは性能が良く、低価格になっています。

入院中、通勤、通学、勉強中で、どこでも気軽に使えてとても便利な、

ワイヤレスイヤホンですが、

 

高くて良いものは当たり前です。

 

低価格で、機能・音質が良いものが、たくさん出てきています。

ワイヤレスイヤホンは、自分に合ったものは、どのように選べば良いか。

ここでは、使う用途に応じて選べるようにポイントを絞って

解説していきます。

 

おすすめの、安いのに価格以上の機能、音質が満足できる、

コスパ最強イヤホンを紹介します。

 

予算に合わせて選べるように、価格帯別に分類しました。

自分に合ったイヤホンを選びましょう。

 

自分に合ったものを、選ぶ重要なポイント 6選

長く使うには、飽きがこないものを選ぶ必要があります。

選ぶ時の重要なポイント 6選

 

1.デザイン:服装にあったデザイン、おしゃれな色合い

2.騒音  :ノイズキャンセリングで周囲の騒音をなくしたい

3.音質  :重低音を響かせたい

      ヴォーカルの声を感じたい、バランスが良いもの

4.再生時間:毎日使用する時間をカバーできるか

5.防水性能:スポーツする人は、防水機能は必須

6.価格  :予算内で求めている機能が備わっているか

 

服装にあったワイヤレスイヤホンは、

おしゃれだよねw

最近は、たくさんの種類の色があって、

まよいますねw

 

予算別、コスパ最強のワイヤレスイヤホンを紹介していきます。

 

【特集】2021年10月以降に発売された新製品

 

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

今まで、Ankerもワイヤレスイヤホンは、低価格のコスパの良い

製品で注目を集めていました。

Ankerの最高級ワイヤレスイヤホン『Soundcore Liberty 3 Pro』

が発売されました。

19,800円という価格設定となっています。

 

マルチポイント対応で、2台の機器と同時に接続できるので

タブレットで音楽を聴きながら、スマホに着信があれば、

会話ができる便利な機能が備わっている点がお気に入りです。

 

追加された機能
LDACをサポート

LDAC対応になり、ワイヤレスイヤホンで

ハイレゾ再生が可能なコーデックLDACをサポート

原⾳に近い臨場感や⽴体感あるサウンドが楽しめます。

 

ウルトラノイズキャンセリング 2.0

周囲の雑音の種類を検知し、シーンに合わせて自動で

ノイズキャンセリングがかかり、騒音が大きな場所では、

ノイズキャンセリング効果を高め、静かな環境下での過度な

ノイズキャンセリングを無くし快適に音楽を楽しむことが出来ます。

 

接続が安定性して途切れない

最新Bluetooth5.2規格が搭載され、今までより途切れにくくなり。

ペアリングされているイヤホン機器の方向を探知する機能が

追加されているため、途切れる頻度が少なくなりました。

 

1万円以下、コスパ最強ワイヤレスイヤホン

1万円以下で、ハイエンドクラスの音質でコスパ最強

おすすめイヤホンを紹介します。

ブランドにより、音質、ノイズキャンセリング効果の違い、

機能の違いがあります。

自分に合ったイヤホンを選択できるように、

特徴、機能、価格を紹介していきます。

 

価格・機能一覧表
ブランド価格ワイヤレス
充電対応
外音取り込みノイズ
キャン
セリング
再生時間
EarFun
Free Pro
¥5,000イヤホン/7時間
充電ケース/32時間
EarFun
Air Pro
¥7,999イヤホン/7時間
充電ケース/32時間
HUAWEI
FreeBuds 4i
¥7,920×イヤホン/10時間
充電ケース/22時間
Anker
Soundcore Liberty Neo 2
¥4,990×イヤホン/10時間
充電ケース/40時間
Anker
Soundcore Life P3
¥8,990イヤホン/7時間
充電ケース/35時間

 

EarFun Free Pro

EarFunというメーカーは、あまり聞きなれない方もいますが、

値段を低価格に抑えて、普段使いに必要な機能をそなえた

イヤホンメーカーです。

 

最近では、コスパがよく様々な賞を獲得しています。

【EarFun Air】「iFデザインアワード2020」受賞

【EarFun Free 2、EarFun Free Pro】「VGP2021 SUMMER」受賞

を受賞しています。

 

数万円するイヤホンには、音質、ノイズキャンセリング効果は、

届きませんが、低価格帯で、機能全部入り、しっかりとした低音重視した

イヤホンで、普段使いで気楽に使えるイヤホンになっています。

 

価格5,000円と低価格が魅力で、

普段使いに必要な機能、ワイヤレス充電、ノイズキャンセリング機能付で、

普段使いに必要な機能が、全部入っている

コスパ最強のワイヤレスイヤホンです。

 

【音質】

音質は、高音域から低音域まで、非常にバランスが良くとれています。

重低音がしっかり効いていて、重低音が好みの方に向いています。

フィット感が良く、遮音性も良いです。

 

【機能】

この価格帯で、アクティブノイズキャンセリング、低遅延モード搭載

しています。

低遅延モードは、動画を見る時の音声の遅れ、

特に音ゲームをする人に大切な、音の遅延低減機能の事で、

映像と音の遅れを抑える機能です。

この低価格で、低遅延機能が入っている機種は少ないです。

 

ノイズキャンセリングは、このクラスで非常に強く効いていて、

普段使いには、十分な騒音を抑えてくれるため、

通勤・通学の騒音がある場所で威力を発揮します。

 

外音取り込み機能付きも魅力です。

自然な外音取り込みが出来ており、会話する時に機能を発揮します。

ノイズも抑えられていて、通話する時に大変便利です。

 

充電端子は、USB-C 端子ですので、最近のスマホと同じ端子で

共用できる点も魅力です。

初めて、ワイヤレスイヤホンを購入する方に、おすすめのイヤホンです!

 

 

 

 

EarFun Air Pro

上記のモデル(EarFun Free Pro)の上位機種で、

ドライバが10mmに大きくなって、迫力ある音が魅力です。

価格は、約8,000円でハイエンドクラスの音を実現しています。

 

【音質】

音質は、心地よく響き、上質な低音域が響き、

中音域から高音までのバランスが良く、

重低音が強く、重低音がしっかりした音質に仕上がっています。

音の解像感はしっかり体感できます。

フィット感が良く、遮音性も良いです。

 

【機能】

ノイズキャンセリングは、EarFun Free Proより、こちらの方が、

少し強いですので、遮音効果が高いです。

 

外音取り込み機能は、周囲の音は聞こえますが、

少しホワイトノイズ(サーッ、シャーといった音)があります。

外音取り込み機能を使わない方は、問題ありません。

 

ノイズキャンセリングを使って再生時間は7時間で、

普段使いには十分に使えます。

通話品質が非常に良く、はっきりした会話ができ、

earfun EarFun Free Proより、性能が良くなっています。

 

ワイヤレス充電は、付いていないため、必要な方は、

EarFun Free Proをおすすめします。

 

イヤホンの脱着機能が搭載されていて、

イヤホンを外すと一時停止、はめると再開する機能があり、

とても使い勝手が良い機能です。

 

 

 

 

HUAWEI FreeBuds 4i

ノイズキャンセリングは、このクラスで強力で最強です。

 

音質、機能はこの価格帯では平均的ですが、

ノイズキャンセリングの効果が得意なイヤホンです。

 

周囲の騒音を、しっかり消して、

音楽に没頭したい方におすすめ。

1万以内のイヤホンでは、ノイズキャンセリングは最強です。

 

【音質】

音質は、8,000円台でハイエンドクラスの音質を実現しています。

低音強めで、迫力のあるしっかりした音質、ヴォーカルの声は、

心地よく聴こえ、とてもバランスが良いです。

解像感も高く、クリアな音が体験できます。

透明感のある音質が好みの方におすすめです。

 

【機能】

ノイズキャンセリングが強く、かなり強力です。

装着した瞬間に外の音が消え、音楽に没頭できます。

 

この価格帯では、ノイズキャンセリング効果は最強です。

 

外音取り込み機能は、会話がスムーズにでき、自然な音で聞こえてきます。

 

通話品質も良く、全てにおいて高水準で、非常にバランスがよいです。

 

低遅延モードがないため、動画視聴での遅延がありませんが、

音ゲームなどする場合は、気になる方もいるでしょう。

ワイヤレス充電機能はありません。

 

Anker Soundcore Liberty Neo 2

ANKERは、モバイルバッテリで有名ですが、

最近は、ワイヤレスイヤホンにも力を入れており、

次々と新製品が出てきています。

 

ノイズキャンセリング、外音取り込み機能はありません。

機能面、音質面においてバランスが良いのが特徴です。

 

【音質】

音質は、低音がしっかりでていて、広く響く感じで、ドンシャリ音です。

低音好きな人にかなりおすすめです。

高音域も心地よく、ボーカルも自然に聞こえる音質でバランスの良い音質です。

バランスが良く、重低音が好きな方におすすめです。

 

【機能】

ノイズキャンセリング機能がないため、

ノイズキャンセリング特有の音が気になる方におすすめです。

再生時間20時間あり、十分すぎる再生時間で充電する事を忘れてしまいます。

 

 

Anker Soundcore Life P3

ANKERの中で、上位モデルで、機能豊富が特徴です。

イヤホンを落としたり、なくしたときに、

すごく便利な『探す』機能があります。

 

スマホアプリから、『探す』機能を使うと、

Bluetoothの届く範囲であれば、

イヤホンから音を鳴らして、見つける機能が搭載されています。

 

【音質】

音質は、ANKER得意のドンシャリ音で、低音がしっかり効いています。

音質は、Anker Soundcore Life P3 と同じですが、

スマホアプリのイコライザーで調整でき、

自分好み音質の調整ができるのが特徴的です。

 

【機能】

ノイズキャンセリング機能など、すべての機能が入っています。

イヤホンを落としたり、なくしたときに、スマホアプリから、

『探す』機能が欲しい方に、おすすめです。

 

 

1万5千円 以下、コスパ最強イヤホン

1万円を超えてくると、ハイエンドクラスの音が魅力です。

その中でも、ブランドの個性を見極める必要があり、

自分に合ったイヤホンを見つけれるように、

特徴を紹介していきます。

 

価格・機能一覧表
ブランド価格ワイヤレス
充電対応
外音取り込みノイズ
キャン
セリング
再生時間
Anker
Soundcore Liberty
Air 2 Pro
¥12,980イヤホン/6時間
充電ケース/26時間
AVIOT
TE-D01t
¥10,890イヤホン/18時間
充電ケース/60時間
AVIOT
TE-BD21j
¥14,562×イヤホン/9時間
充電ケース/45時間

 

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro

Ankerの最新モデルです。

ankerの上位モデルで、ケースやイヤホンも見た目に高級感があります。

 

1万5千円以下のイヤホンで、ノイズキャンセリング、外音取り込み、

LDACに対応しており、ハイレゾ相当の高音質な音楽が楽しめます。

この価格帯で、すべての機能が全部入りのコスパ最強イヤホンです。

 

【音質】

Ankerは、しっかりとした重低音の音で音圧も強く、

締りのある低音で、重低音で響く音が体感できます。

 

アプリのイコライザで、22種類のプリセットから選ぶことができ、

アコースティック、ポップ、ロックなど多くのモード選択ができます。

 

【機能】

ノイズキャンセリング機能は、3種類の選択ができ、

交通機関、屋内、屋外の切り替えで、

シーンに合わせたノイズキャンセリングが選択できます。

 

再生時間は、ノイズキャンセリングモードで、イヤホン本体で6時間、

充電ケースを兼用すると、21時間の再生時間で十分な使用時間です。

 

 

 

AVIOT TE-D01t

日本メーカーで、日本人向けに開発されたイヤホンです。

日本人が聴きやすい音にチューニングされており、

聴きやすい音にこだわりを持った、音質がとても良いメーカーです。

音質で選ぶなら、おすすめのイヤホンです。

 

【音質】

音質は、日本人の好みに合わせられており、

はめ心地、フィット感が良く、遮音性が高いです。

 

高音域の切れが良く、楽器の細かい音まで聞こえます。

 

低音域は控えめですが、女性ボーカルの響きが大変良いです。

 

【機能】

アプリのイコライザーで、自分に合った調整ができます。

 

イヤホン本体の再生時間は、18時間再生、

充電ケース併用すると、60時間とけた外れの使用時間になっています。

 

ワイヤレスチャージング機能や 片耳モードも搭載されており、

普段の使い勝手が良いです。

 

 

AVIOT TE-BD21j

AVIOT TE-D01tの上位モデルです。

音質重視の方に、特におすすめするイヤホンです。

 

【TE-BD21f-pnk】は、

ピエール中野監修の高音質な完全ワイヤレスイヤホンです。

 

通常モデルのTE-BD21fに、

ピエール中野がスペシャルチューニングをほどこした

コラボレーションモデルとなっています。

ピエール中野さんは、「凛として時雨」監修をしています。

 

【音質】

上位モデルならではの音質で、

特に低音域のの迫力にこだわった音質になっています。

圧倒的な解像感、透明感が圧倒的気良く

1ランク上のクラスの音質が再現されています。

 

低遅延が搭載されており、動画再⽣やゲームの音の遅れがなく、

ゲームでも力を発揮する

低遅延性能をも併せ持っています。

 

【機能】

通話品質が格段に向上しています。

通話品質を高める為に、高感度MEMSマイクを採用されており、

テレワークなど、通話品質の改善がされており、

高品位マイク搭載しているため、

通話品質が非常によく、環境ノイズやエコーの少ない

クリアな音声で通話が可能です。

 

 

2万円 以下、コスパ最強イヤホン

 

価格・機能一覧表
ブランド価格ワイヤレス
充電対応
外音取り込みノイズ
キャンセリング
再生時間
Beats
Studio Buds
¥16,182×イヤホン/8時間
充電ケース/24時間
Sennheiser
CX 400BT True
Wireless
¥15,800××イヤホン/7時間
充電ケース/20時間
Jabra
Elite Active 75t
¥15,400×イヤホン/7.5時間
充電ケース/28時間

 

 

Beats Studio Buds

AirPosProが、高くて購入に迷っている方におすすめです。

空間オーディオに対応していますが、音楽のみ対応しています。

iPhone , android のスマホ両方に同等のペアリング機能があります。

連携機能が魅力で、ケースの蓋を開けると、

スマホのポップアップがでてすぐに連携でき、

使い勝手が良い点が魅力です。

 

【音質】

AirPosProより、低音が強く、迫力があり、重低音がしっかりしています。

360°空間オーディオに対応しており、

立体的な明瞭感がある音楽が楽しめます。

価格が高く、Air Pos Pro に、手が届かない方におすすめです。

 

【機能】

ノイズキャンセリングは、少し柔らかな効果が印象です。

 

イヤホン本体は、8時間再生ができ、ケース併用20時間使用できます。

通話品質は、少しこもった感じがありますが、

普段使いには問題ありません。

 

楽器のサウンドが得意で、ギター、ベースの音が気持ちよく聴こえ

リズム感ある音楽を聴く方におすすめです。

 

 

 

Sennheiser CX 400BT True

オーディオ業界では、業界のトップを走り続けてきたゼンハイザー、

しっかりとした厚のある低音、解像感、音質にこだわる方へ、

これをおすすめします。

 

通常モデルは、3万6千円ですが、半額で購入できる、

Sennheiser CX 400BT Trueは、最上位モデルをそのまま受け継ぎ、

音質はまったく同じで、ノイズキャンセリング機能を無くした

モデルのワイヤレスイヤホンです。

 

【音質】

ゼンハイザーの得意な、透明感のあるボーカルが美しい、

表現力が良く微細な音が忠実に再現され、

低音域までもしっかり感じられます。

 

装着感が良く、ノイズキャンセリングなしとは思えないほど、

騒音をおさえてくれます。

ノイズキャンセリングの苦手な人は、これ一択と言って良いです。

 

【機能】

イヤホン本体は、7時間再生ができ、ケース併用20時間使用できます。

通話品質もよく、クリアな音声で自然な通話が可能です。

 

 

Jabra Elite Active 75t

Jabra は、プロ用のヘッドセットや補聴器が得意なブランドです。

補聴器で培った技術を活かし、耳へのフィット感、疲れにくい、

マイク性能の技術があり通話品質、途切れにくく、高品質のマイク性能の

技術が備わっていて、高次元でバランスがとれています。

 

今回の製品は、防水性能が追加され、

スポーツする方にも適したモデルです。

 

【音質】

低音のアタック感がとてもよく、脈動感がある、くっきりした音が心に響きます。

高音域もしかりと出ていて、低音を邪魔にならない音質になっています。

低音のしっかりした音が好きな方におすすめです。

 

【機能】

装着感が良く、軽量設計になっています。

防水IP57に対応しており、ラバーコーティングされており、

濡れても耳から落ちにくく

マラソン、スポーツする時に適しています。

マイク制作メーカーであり、通話品質が良く、

高音質な通話が可能です。

 

 

 

普段のヘッドホンで360立体音響を体感する方法する記事はこちら

普段のヘッドホンで360立体音響 Reality Audio体感する方法

タイトルとURLをコピーしました