SLE発症から仕事復帰 2弾!これからの自分と向き合う

仕事復帰にむけて

SLE発症から仕事復帰 2弾! これからの自分と向き合う

仕事復帰の始まり

仕事の時間管理

4ケ月の入院から、仕事復帰した後からの、お話になります。

前回の記事はこちら

 

仕事復帰は、今までの部署(設計)へ復帰しました。

私の場合、事務系の仕事でしたので、仕事復帰する事ができました。

現場主体の仕事、過重労働で、力が必要な仕事の場合、転職を考える必要があったと思います。

 

仕事復帰後は、時間管理を意識しながら仕事をするように心がけました。

 

・残業ゼロ
・8時間の定時勤務

毎日、8時間で区切りをつけ、区切りが付かない時は、翌日に回して調整します。

体に負担をかけないように、仕事を始めました。

 

困ったこと

仕事復帰して、困ったことがありました。

入院から半年が経ち、仕事復帰で困ったこと
記憶が断片的に、欠け落ちていること

どのような、状態だったか? というと、

私の仕事、設計では、CADをつかいます。

CADは、図面を作成するソフトウェアです。

CADを使い、図面を書こうとすると、操作方法が分からなくなっています

初めにする操作する事、次にする操作する方法が、分からなくなっていました。

非常に困りました。

 

また、過去に担当した仕事の問い合わせにも苦労しました。

自分が担当した仕事の内容の問い合わせで、内容を聞かれても、思い出せず、何やったかな?

思い出すことが出来なく、対応できなくて、困りました。

 

どう対応したか?
CADの操作方法は、操作マニュアルで覚え直しです
仕事の内容は、当時の資料を初めから読み直し、理解して、回答する

時間はかかりますが、調べながらの対応をしていきました。

 

半年のブランクなのか、大量に薬を服用したためか、治療の副作用なのかわかりません。

 

半年が過ぎて

半年を過ぎてくると、仕事も以前のように、こなせるようになってきました。

そうなってくると、必然に仕事量が多くなってきます。

 

仕事量が多くなるにつれて、無理をしています。
無理をしている感覚はなくても、他の人に迷惑がかからないようにと思い、自然と仕事をして、無理をしてしまいます。
悪化します。(毎月の通院検査で、採血結果が悪くなります。)

 

特に私の場合は、血小板に現れます。

通常、血小板 5~4万/μl ぐらいですが、血小板 3万/μl 台まで低下してきます。

ステロイドの増量になります。

 

最悪の場合、

血小板 3万/μl 以下になると、入院治療になります。

再燃で入院です。

そうなったら、大変です。

 

採血の数値や、倦怠感など、体に感じる異変を、常に感じ取ることが大切です。

 

体調管理を第一優先に!

今まで通りの仕事のやり方では、体力が持続しません。

 

・精神的にストレスが強くかかっている

・睡眠不足が続いている

・過重労働の仕事が続いている

 

このどれか当てはまり、この状態が継続していると、悪化するきっけになり、

生活、仕事の改善が必要です。

 

どのようにすればよいか?
・これからの自分と向き合う行動をする
・過去の自分を捨てる
・やりきれない、仕事量は受けない
・仕事優先の考えを改める
・転職してもよいという気持ちを持つ
・体が重く、倦怠感が強く出る時は休む

 

このように考えると、心が少し楽になります。

 

割り切った考えを持つことが大切です。

心にゆとりができれば、ストレスの軽減になり、

悪化するきっかけを少しでも回避して、仕事を継続することができます。

 

2年が過ぎて

時間管理を継続し、割り切った仕事をしながら、

入院することなく、2年が経過しました。

 

しかし、この2年は大変なことです。

この病気には波があります。

悪化したり、良くなったりを繰り返します。

仕事復帰して、これまでに何度も、入院ギリギリで、悪化した時期もありました。

悪化の時期に、どのように乗り越えるかが大切です。

 

仕事復帰して、常に思っている事
1.仕事はいつまで続けれるかわからない
2.無理をせず、できる範囲で
3.無理をした時は、必ず休息をとる
4.体調優先で、仕事を割り切り、切り上げる
5.悪化すれば入院、入院して復帰できなければ、自分に合った仕事を探そう

 

仕事する上では、なかなか難しいことがあります。

では、どうする?

 

心の持ち方、考えを変え、不安を取り除くには
どう行動するか?
  • 自分のスキルを磨く。
  • 何ができるかを常に準備する。

 

自分の「強み」を見つける

 

本業の仕事、過去に経験した事、趣味でしていた事など、

すでに身につけているスキルを、活かせないかを探してみます。

 

【例えば】

英語が得意な場合、文書翻訳などの仕事が出来る

留学経験があったり仕事で使っていて外国語が得意、という方は、文書翻訳などの仕事が出来ます。

 

専門職で働いていて、専門知識が少しでもあれば、

それをさらに磨き、知識を生かし、webライターを目指してみる。

 

場所や時間に縛られない働き方

会社勤めでは、決められた勤務になりますが、それが難しいのであれば

場所や時間に縛られない働き方をみつける!

自由度はいくらでもあります。

 

フリーランスとして、キャリアもその一つの手段です。
1. Webライター
2. デザイナー
3. エンジニア

 

Webライター

ブログ、メールマガジン、コンテンツ記事を書くWebライターの仕事

これは、過去に経験した事、仕事、趣味でしていた事を執筆する仕事が出来ます。

パソコン1台あれば、すぐに始められます。

 

マルチクリエイターコースLP

 

デザイナー

絵が描くことが好きであれば、

Webサイトのデザインをするwebデザイナー、広告、ポスター、本などのをデザインしたり、

グラフィックデザイナー、キャラクター、イラストレーターになれます。

 

2ヶ月で動画編集を身につける【studio US】

 

エンジニア

今までの経験で、ITに関する技術職がある人は、

システムエンジニアやプログラマーなど、フリーランスの仕事を受注する事ができます。

 

このように、

自分のスキルを磨き、何ができるかを準備する事で、可能性が広がってきます。

 

Enthrall|最短最速Webライティング講座

 

自由な時間に働けるフリーランス、どんなことに興味がありますか?
今までの経験がある事
自分に強みを見つける
興味があることを見つける

まず、見つける事から始めます。

 

フリーランス、どんなことに、興味がありますか?

(SHElikes(シーライクス)|女性向けWEB系スクールの無料体験)

 

 

【次回、私の始めた、自分のスキル磨きを紹介します。】

 

タイトルとURLをコピーしました