Amazonセール開催中!

マスクしながらiPhoneロック解除!感染リスク対策!

入院生活

マスクしながらiPhoneロック解除!感染リスク対策!

マスクをしていると、iPhoneのロック解除ができなく、パスコードを打たないと解除できなくて、

とても面倒ですね。時々、パスコードが面倒で、手でマスクをずらして解除したりします。

これは、感染リスクにつながりますね。

そこで、iPhoneは、4月27日にiOS14.5にアップデートされました。マスクしていても、

iPhoneがロック解除できるようになりました。

しかし、アップルウオッチとの連携で解除できるというものになります。

アップルウオッチが必要となり、高価ですぐには手に入らないですね。

そういった方へ、いまお使いのiPhoneで、マスクしていても iPhoneがロック解除できる

方法があります。

知っている方も見えると思います。

iPhoneロック解除の設定

iPhoneロック解除の設定をします。

設定画面を開きます。

①FaceIDとパスコードを押します。

②FaceIDをセットアップを押します。

顔認証をします。

マスクを半分に曲げます。

顔半分にマスクを手で押さえます。

その状態で、顔認証をします。

顔をぐるぐる、上下、左右にまわして認証します。

次に、『 続く 』を押します。

その状態で、顔認証をします。

顔をぐるぐる、上下、左右にまわして認証します。

これで、顔認証は終わりです。

顔認証を確認してみる。

いつものように、マスクをしながら、iPhoneで顔認証をします。

ロック解除ができます。

ロック解除が解除できないかたは、再度登録のやり直しをします。

マスクの上の部分を、鼻の一番高い所にあてます、下の部分は、いつもマスクをつける感じにして、あごまでつける感じです。

この状態で、始めから、左右の顔認証登録をします。

この方法を使えば、マスクをしながら解除でき、面倒感染リスクが少しは改善できます。

 

<スポンサーリンク>

一番安いアップルウオッチはこちら

 

お勧めの、アップルウオッチはこちら
機能面、日常使いの機能が充実しています

タイトルとURLをコピーしました