SLEの私が、新型コロナワクチン接種した副反応体験(2回目)

新型コロナワクチン

SLEの私が、新型コロナワクチン接種した副反応体験(2回目)

発熱、頭痛、腕の痛みの副反応体験

私が体験した、新型コロナワクチン接種、『2回目』の副反応を紹介いたします。

最後に、私の接種について思う事を書いています。

副反応は、接種する方により様々な症状が違ってきます。

通院している方は、必ず主治医に『新型コロナワクチン接種』をして良いか、確認をしましょう。

 

接種時の状態は、1回目のワクチン接種の状態と同じです
・ベンリスタ点滴(月1回)
・ステロイド 4mg
・血小板 4.7 万/μl 【かなり低い:通常 13.8-30.9 万/μl】
・低補体(C3、C4) 【平均より少し低い】 

 

2回目のコロナワクチン接種

基礎疾患枠で、1回目のワクチン接種後に、3週間後の同じ時間に予約となりました。

そして、3週間がたち、2回目の新型コロナワクチンを接種してきました。

地域の新型コロナワクチン接種でしたので、『ファイザー』のコロナワクチンです。

 

受付

会場は、1回目の接種が通院している総合病院でしたので、そこでの接種になります。

接種開始時刻20分前に駐車場へ到着し、歩いて5分、会場へ接種時刻15分前に到着し、

受付しました。

 

今回も、2~3人ぐらい並んでいるぐらいで、混雑はありませんでした。

すぐに受付が終わりました。

 

受付では、新型コロナワクチン接種券、身分証明書を渡し、事前に書いてあった予診票の記入確認を受付の方が行いました。

お薬手帳は、提示しましたが、不要ですといわれました。

 

医師の問診

次に、医師の問診です。

 

予診票には、前回と同じく、治療中の病気の欄に、

  • 全身性エリテマトーデス
  • 突発性血小板減少性紫斑病

と記入しました。

 

医師の予診は、予診票を上から順にみて、聞かれたことは、

医師)アレルギーありますか?

私)ないです。

医師)体調はいつもと変わりありませんか?

私)いつもと同じです。

医師)接種OKです。

 

医師の問診終わりです。

前回同様、簡単な問診で終わり、すぐに診察室へ移動します。

 

コロナワクチン接種

診察室では、すぐにワクチン接種が始まります。

 

医師)アルコールは、大丈夫ですか?

私)はい、だいじょうぶです。

医師)どちらの腕に打ちましょう

私)利き手の方でない、左腕にお願いします。

医師)うちますね~・・・。

私)はいどうぞ。

医師)終わりました。

 

今回は打ったすぐに、痛みがすぐに出てきました。

持ってた、手持ちの軽いカバンですが、痛みで持てないぐらいの痛みでした。

診察室から出て、受付では、2回目接種を実施した履歴の紙をもらい終わりました。

 

15分様子をみますので、待合室で待機します。

 

15分間、座って待機していましたが、腕の痛みがジンジンするのがあるぐらいで、

他には、何も起こりませんでした。

そして、そのまま帰宅しました。

 

副反応

接種当日(1日目)

接種当日の副反応です。

接種当日
15:00コロナワクチン接種
待機場所で、左腕に痛みがすぐにでました。
20:005時間後:左腕が痛みが増して、叩かれた痛みになってきました。
22:00左腕が痛みがさらにまして痛みが激しくなる
左腕の痛みで、睡眠がとれず2時間ぐらいしか寝れない

2回目のコロナワクチン接種は、すぐに左腕が痛みが出てきました。

5時間後には、左腕の痛み増して、左腕が上がらなくなってきました。

 

 

夜になると、腕の痛みがさらに増し、激痛で寝ようとしても寝れるような状態ではなく、

痛みをこらえている状態が続きました。

 

接種2日目

接種2日目の副反応です。

 

接種2日目
7:00左腕の痛み、頭痛、発熱37.0
13:00左腕の痛み、頭痛、発熱37.0
20:00左腕の痛み、頭痛、発熱36.7

 

朝、頭痛と微熱がありました。

体温は、37.0度、微熱がありました。

左腕も痛みがあり、肩より上にあげれません。

軽い朝食を取り、いつもの薬と、事前にもらっていた解熱剤『アセトアミノフェン』を

服用しました。

 

今回は、一回目と違い、解熱剤『アセトアミノフェン』を服用しても、

頭痛が良くなりませんでした。

頭痛で頭が痛かったので、ベットで横になっていました。

 

お昼、体温を測りました。

37.0度、微熱が続いています。

頭痛は相変わらずの継続、かき氷を食べた時の頭が痛くなるような感覚が続いています。

食事は少しできそうでしたので、軽く食事をしました。

 

解熱剤『アセトアミノフェン』を服用してから、6時間間隔で『アセトアミノフェン』を

服用しました。

 

やはり、1回目と違い、解熱剤『アセトアミノフェン』を服用しても、

頭痛が良くなりませんでした。

 

そのまま、ベットで横になりました。

夜、熱は下がり、少し楽になりました。

左腕の痛みは、変わらず、痛みが続いており、肩より上にあげれません。

お風呂に入り、頭痛が続いているので、そのまま寝ることにしました。

 

接種3日目

接種3日目の副反応です。

 

接種3日目
7:00左腕の痛み少し、頭痛、発熱36.5
13:00左腕の痛み少し、頭痛、発熱36.5
20:00左腕の痛み少し、頭痛、発熱36.5

 

朝起きて、左腕の痛みは、腕を触ると痛いぐらいで、なにもしないと痛みはありません。

頭痛は改善して、痛みはありませんでしした。

今回は、三日目で体調が良くなりました。

 

2回目の新型コロナワクチンを終えて

2回目の新型コロナワクチン接種は、副反応が強く出るといわれています。

実際、私の友人も2回目接種に、発熱したこと聞きました。

 

私の場合、1回目と2回目のワクチン接種の副反応は、2回とも副反応がでました。

主治医に言われたとおりの副反応でした。

・腕の痛み
・頭痛
・発熱

事前に、解熱剤『アセトアミノフェン』を処方してもらいました。

 

解熱剤『アセトアミノフェン』で対応するしかありませんので、事前に準備しておくことを

おすすめします。

接種後、2日間は様子を見た方が良いです。

 

コロナワクチン接種について思う事

2回目の新型コロナワクチン接種を終えて、副反応が出ましたが、耐えられるものです。

これで、6ケ月は抗体がでるため、安心できます。

 

現在、感染力が今までより、はるかに強い、『デルタ株 コロナウイルス』が蔓延しています。

次々と、新型コロナウイルスは変異して、猛威を振るってきています。

 

重症化するリスクがある、基礎疾患の方、高齢者はもちろん、若い世代でも重症化しています。

仕事、生活する上で、感染リスクはどこのでも潜んでいます。

ワクチン接種しても、新型コロナウイルスに感染します。

今まで通り、感染リスク対策が必要です。

 

新型コロナワクチンは、2回目接種後、2週間後に効果が出てきます。

そのあと、6ケ月間は抗体が維持して、その後、3ケ月間で抗体が下がっていきます。

 

次回は、6ケ月~9ケ月後に、3度目の新型コロナワクチン接種に打つことになるかも?

知れません。

ブースターと言われてる、3回目の接種です。

 

私は、新型コロナワクチン接種で重症化を、少しでも軽減できることを願います。

 

準備出来る事

いざという時、準備出来る事は、事前に行っておくと安心です。

パルスオキシメータ

感染者が多くなると、自宅療養が多くなります。

その時に慌てない様に、コロナの重症化を、視覚化する

パルスオキシメーターを、準備しておくと安心です。

重症化の目安となる、血中酸素飽和度を測定できるのが、パルスオキシメーターです。

 

評価基準

飽和酸素濃度(SpO2)臨床状態
100%~96%呼吸器の症状なし
95%~93%息切れ、肺炎所見
93%以下酸素投与が必要

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症COVID-19診療の手引き 第4.1版より

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症COVID-19診療の手引き 第4.1版

 

測定する時の注意点
・手を動かさない
・マニキュア、ネイルなど光の透過が妨げられ測定できないため、取り除いて測定する
・喫煙は、数値に影響する

測定時は、注意しましょう。

 

 

 

 

 

若者世代の新型コロナワクチン接種記事はこちら

若者世代ワクチン接種してきた副反応体験

 

新型コロナワクチン接種を考える記事は、こちらから

新型コロナワクチン接種するべきかを考える

 

 

はじめにもどる

タイトルとURLをコピーしました