発熱しても、すぐにPCR検査は簡単に受けれない!

SLE患者のコロナワクチン接種

発熱しても、すぐにPCR検査は簡単に受けれない!

濃厚接触者とされなくても、近くで食事をした、少しマスクをつけながら

会話をした。

 

コロナ特有の症状がない、無症状の場合は医療機関で、PCR検査を受ける事ができません。

仕事先で、新型コロナウイルス感染の陽性がでたと情報があった場合、私も検査をしたい。

外出した後に、発熱などの症状がでて、不安になり、検査したい。

しかし、コロナ特有の症状がない、無症状の場合は医療機関では、

PCR検査を受ける事ができません。

 

そういう場合はどうする?  PCR検査は、どこで受けれますか? 
自由診療で、検査する方法になります。

 

唾液を用いたPCR検査の導入

厚生労働省から、以下の発表がありました。

「症状発症から9日以内の者については、唾液PCR検査を可能」とする事としました。

詳細は、厚生労働省ホームページ、PCR検査の導入についてを参照できます。

<厚生労働省ホームページ、PCR検査の導入>

厚生労働省ホームページ(PCR検査について)

 

PCR検査の保険適用は?

新型コロナウイルスの症状があり、保健所へ連絡します。保健所からの指示の医療機関で

受診した場合は、保険適用となります。

 

保健所が濃厚接触者と判断し、連絡が来た場合、保健所からの指示の医療機関で受診し保険適用となりPCR検査となります。

私の職場でも、以前、新型コロナウイルス陽性者がでました。

その時、濃厚接触者対象者はどのような条件ですか?

その内容を、聞く事ができました。

 

濃厚接触者とされる条件は、事務職でマスクして仕事をしていた、仕切板がある場所で、食事をした場合などは、濃厚接触者とされないです。

これでは、かなりの確率で濃厚接触者にならず、PCR検査を受けることができません。

そういう場合は、自由診療検査になり、保険適用になりません。

 

どうすればPCR検査受けれますか?

各都道府県に、自由診療でのPCR検査と調べれば、

近くの実施している医療機関がわかり、受けることができます。

 

受診するにはリスクがある方、免疫抑制剤を使用している方

(例えば、膠原病、全身性エリテマトーデス、SLE、ITP、など。)

 

仕事で忙しく、なかなか自由診療が受けれない方は、

宅配のPCR検査キットの方法があります。

 

抗体抗原キットはこちらから。

【sugentech】

 

渡航する方は、国によっては、新型コロナウイルス検査の陰性証明書が必要な事もあります。

必要な方は、陰性証明書も発行する事ができます。

 

自由診療でPCR検査はこちら

自宅で簡単PCR検査【Tケアクリニック】

<スポンサーリンク>



タイトルとURLをコピーしました